秋田大学混声合唱団A.Choir

ここは秋田大学混声合唱団A.Choir(エース・クワィア)の公式ウェブサイトです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子版フェルマータ H19.6

【月例会報告】
■今後の予定
6月30日(土) 第34回秋田県音楽祭(アトリオン音楽ホール)
8月5日(日) 課題曲講習会(聖霊高校講堂)
8月9日(木) ジュジャンナ先生によるサマーレッスン(秋田北高校)
8月10日(金)~8月15日(水) 夏休み
8月16日(木)~8月17日(金) 夏合宿(岩城少年自然の家)
8月26日(日) 第43回全日本合唱コンクール秋田県大会(アトリオン音楽ホール)
9月30日(日) 第60回全日本合唱コンクール東北支部大会(青森市文化会館)

■6月のそうじ当番
7/6 Ten
7/13 Bass 部室棟掃除日
7/20 Sop
7/27 Alt  部室棟掃除日

■東北大会実行委員会立ち上げのお知らせ
実行委員長 
 あゆ
会計
 ちあき
 アタック
 MI
バス係
 くっさん
 コーディー
 じゃんだらりん
ホテル係
 ゴロー
 はらこう
 なまけもの
食事係
 サダハル
 たけ☆ちよ
 めそ
 アリウカ

■秋田県音楽祭について
・日時 
 6月30日(土) アトリオン音楽ホール
・当日の動き 
 山台組の団員 9:00
 その他の団員 9:40
       13:30にリハーサル室に集合
 リハーサル 13:36~13:43(秋田混声と合同)
(第一練習室)13:43~14:00(エース単独)     
・曲目
 DEEP RIVER / Set Down Sarvant(エース単独)
 千の風になって(秋田混声と合同)
・衣装 
 ジーンズ、白いトップ(定演3ステと同じもの)
・持ち物
 昼食 楽譜・衣装 メイク道具

【Giovanni Pierluigi Da Palestrina( 1525? ~ 1594 )】
ジョバンニ・ピエルルイジ・ダ・パレストリーナ

パレストリーナは1525年にローマ郊外のサビーネ山地にあるパレストリーナの町で生まれたと考えられています。
 1537年、リベリアー名礼拝堂の聖歌隊員となり、1551年にはローマ教王庁ジュリア礼拝堂楽長、1555年にはシスティナ礼拝堂聖歌隊歌手に任命された。
 新しい教王の即位により、一度は聖歌隊歌手を解任されたが、その後は教会の楽長や神学校の音楽教師として活躍し、1575年に再び教王庁ジュリア礼拝堂楽長となった。それ以後1594年に没するまでその地位にあり続けた。
 15~16世紀中頃にかけての教会音楽は重厚で技巧的な作品が多かったが、宗教音楽の見直しが行われ、カトリック音楽全体に清浄化、単純化が求められた。パレストリーナが教会音楽の代表的作曲家として台頭したのは、このような時代だった。
 参考…http://2style.net/misa/kogaku/early013.html

【定期演奏会を終えて】
 ステージに立ってしまったら、あっという間に終わってしまいました。今回が最後の定演だったかと思うと、すごくさみしいです。・・・・ですが、今年の演奏会はお客さんがたくさん来てくれて、とてもうれしかったです。演奏が終わった後、知り合いの人たちから「すごく感動したよー!!」とか、「来たかいがあった!!」とか言ってもらえたことがまた嬉しくて、今まで練習してきたかいがあったんだと実感が持てました。…でもステージには万全の体調で臨むことが出来なかったのが反省するべき点だと思っています。
 体調管理が大切だということを改めて思い知らされることになりました。…いろいろありましたがお客さんを満足させることができた、お客さんを笑顔に出来た、いい演奏だと思っています。あぁ!!たのしかったぁ!!!!!
もん

 初の定期演奏会は緊張・不安がありましたが、立派なステージの上で歌えるという意味から楽しみの方が強かったです。実際ステージに立ってスポットライトを浴びながら歌うのは本当に気持ちよかったです。しかし途中でミスとしてしまい急に冷や汗が大量に額や背中から出てきました。そういう反省点は直し、来年は最低でも今年よりはよくしたいと思っています。ただ終わった瞬間は感動で涙がこぼれそうになりました。その後の打ち上げはいろんな人とおしゃべりしたり、美味しくて、とにかく最高でした!!(時にはバカ笑いも…)
その日は素晴しい思い出のひとつとなりました。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
Tenor コーディー

あんなに良いホールで歌えて、僕達は凄い幸せ者だと思います。凄く楽しかったです。
1年 Bass はらこう

今回が私にっての4回目で、最後の定期演奏会だったので、始まる前から、期待と緊張と、変な余裕でいっぱでした。1曲目から「丁寧に丁寧に」とか、「心を込めて」などと、自分なりに楽しく歌えるように、たくさん工夫しました。たくさん失敗したし、うまく表現できなかったところもいっぱいあったけど、今回の定期演奏会は、私にとってとてつもなく楽しいものでした。歌っている時も、歌い終わってからも楽しくて仕方なかったです。私にとっては1番の思い出になりそうないい定期演奏会でした。
Sop ぺっぱぁ


【編集後記】
最近梅雨入りのようですが、毎日のように晴れて熱いですね。ジメッとしてるよりは全然良いですが、すでに私は夏バテぎみです。これからテストにレポートとラッシュが続いてみなさん忙しくなることと思いますが、まずは体が資本なので体調管理には気をつけましょう。あっ!!新入団員のKENタローさんの自己紹介は来月号のお楽しみにして下さい。間に合わなくてすいません…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。